ツラい生理痛・生理不順に悩む女性も多いと思います。そんな悩みはピルであるトリキュラーで解決しましょう。トリキュラーは避妊効果だけではなく、女性特有の悩みを改善することができます。

  • ホーム
  • トリキュラーは鎮痛剤なの?生理痛が治るわけ

トリキュラーは鎮痛剤なの?生理痛が治るわけ

おなかが痛い女性

トリキュラーを飲んでいると生理痛が治った、という人が居ます。
普通の鎮痛剤でも痛みが消えないことがあるのに、なぜトリキュラーは生理痛が収まってしまうのでしょうか。
トリキュラーは鎮痛剤ではなく、もともとの目的は排卵をストップさせて妊娠することを防ぐ経口避妊薬のピルです。
トリキュラーには女性ホルモンが配合されているので、飲むことで体外から女性ホルモンが供給されるので血液中のホルモンのバランスを整えられ、生理の時の経血となる子宮内膜を薄くする効果があります。
生理痛の原因は子宮内膜に含まれているプロスタグランジンという物質の働きによるものなのですが、プロスタグランジンは子宮内膜が厚くなればその量が多くなる傾向にあります。
プロスタグランジンは子宮の筋肉を収縮することで、妊娠しなかったので不要になってしまった子宮内膜を素早く排出させるために分泌されています。
次の妊娠のタイミングまでに新たに子宮内膜を作らなくてはならないため、身体は子宮内膜の排出をスムーズに行いたいのです。
排出される経血の量は増えないので子宮内膜が厚くなればそれだけ経血を排出するために時間がかかってしまい、プロスタグランジンの量は増えて子宮の筋肉を収縮させてしまいます。
そのため、子宮内膜が厚くなってしまうと生理痛が酷くなってしまいます。
トリキュラーは鎮痛剤ではありませんが子宮内膜を厚くするホルモンの分泌量を抑えることができるので子宮内膜が薄くなります。
子宮内膜が薄くなればプロスタグランジンの量が少なくなり、生理痛を感じにくくしてくれるのです。
避妊が目的ではなく酷い生理痛の場合でも医師に相談することでトリキュラーを処方してもらえることが可能です。

関連記事
人気記事一覧
サイト内検索