ツラい生理痛・生理不順に悩む女性も多いと思います。そんな悩みはピルであるトリキュラーで解決しましょう。トリキュラーは避妊効果だけではなく、女性特有の悩みを改善することができます。

  • ホーム
  • トリキュラーは保険適用外でも利点が多い

トリキュラーは保険適用外でも利点が多い

トリキュラーなどの「低容量ピル」は用法や容量をしっかりと守ればきちんと避妊することが可能です。
妊娠して子供を産みたいとなったとき、服用するのをやめると月経周期が28日周期でサイクルしやすくなるなど、避妊の方法の一つとして社会にも広がってきました。
トリキュラーで注意したい点が、飲み忘れをなくすこととなるべく同じ時間に飲むことです。
お薬のシートの数字を見て、その順番通りに飲めるようになっています。
飲む順番や日数が正しいかチェックすることができます。
トリキュラーには「21錠入り」のものと「28錠入り」のものとがあります。
21錠の方はまず、21日間続けて飲んでいきます。
22日目からは7日間、飲むのをお休みします。
7日間お休みしたら次のシートに従い1日目からまた飲んでいくという使い方をします。
28錠の方は最後の7日分には成分が入っていないので、実質的に21日飲んだ後の7日分は服用をお休みしているのと同じことになります。
成分の入っていないものも含めて28日飲み続けるので、飲み忘れを防ぎやすいと言えます。
21錠のものも28錠のものも成分の入っている錠剤は全く同じものになります。
錠剤の数は多いのは避けたいという方は21錠タイプを、休薬期間後の飲み忘れが不安という方は28錠タイプを選ぶと良いです。
避妊の効果以外にも、生理痛の緩和や肌荒れの改善なども期待できます。
ただし、副作用として持病のある方などは血栓症のリスクが高くなるので注意が必要です。
服用期間中は禁煙するのが賢明です。
トリキュラーをお求めの際、保険適用外となるので価格が高めなのではと思うかもしれませんが、1箱がおよそ2,000円前後なので特別高いわけではありません。
処方箋不要で通販でも購入可能です。

関連記事